充実ライフ ラボ

予測不能で不透明なVUCA時代のワーク&ライフ

賢く働く人?

f:id:freelance_writer:20190311212230p:image

ハードからスマートへ?

なりふりかまわず、がむしゃらに一生懸命に働く(ハードワーク)という昭和の高度成長期時代的な働き方から、効率化と高い生産性で価値を増大させる働き方(スマートワーク)への転換こそが、働き方改革の本筋だと言われ続けています。

働く上での一生懸命の定義が変化しています。

以前とは比べものにならないぐらいに進化した高度IT時代の今、過重な労働時間と力技で仕事をこなし続ける働き方からの脱却は、もはや当たり前。

国も産業をも乗り越えた、激変する経済環境下において、この変化にいち早く対応できれば進化し、そうでない場合は、衰退・消滅してしまいます。

これは、企業や組織だけでなく、働く個人にも当てはまります。

働く個人にとっても働き方改革が必要な時代です。

f:id:freelance_writer:20190311213000p:image

国の進める働き方改革は、ひとつの課題を提示しました。

2019年4月施行の労働基準法改正による、残業時間の上限規制と、有給休暇の取得義務です。

これにより、働く時間に制約が設けられたわけです。

しかし、企業・組織サイドは、この改正に応じた業績低下を容認できるはずはなく、どうすれば限られた時間で高い生産性を上げることができるか、より付加価値の高いサービスが提供できるかに経営意識が集中しています。

この、そのすべての企業・組織が共通の課題とする難題を解決できる人材が強く求められているのです。

賢く働く人材です。

この賢い人というのは、古代ギリシアの悲劇詩人・アイスキュロスのことばが的確です。

賢い人とは多くのことを知る人ではなく、大事なことを知る人である。

限られた人員と限られた時間の中で、高い生産性を出すのに大事なことは何か?

人が大事であり、そのためには、人の気持ちや感情を大切にすることが大事であるということを知っている人。

時間が大事であり、限られた時間の中で何をすべきで何をしないかを判断し決断し、重要なことにフォーカスすること、行動することが大事であるということを知っている人。

たくさんのことを知っている人ではなく、大切なことを知っている人。

知識よりも知恵で仕事ができる人です。

知識の量でイノベーションは起きません。

イノベーションは、無から有を産む、知恵と創造力が必要です。

過去や常識を疑い、真意を問い、時に破壊する。

その思考と行動のベースになるのがリベラルアーツ(教養)です。

これも、人間力に知恵とリベラルアーツ(教養)が問われる所以です。

知恵と人間力の融合が、Aiやロボットに置き換わることのない、人間優位の働き方でもあります。