充実ライフ ラボ

予測不能で不透明なVUCA時代のワーク&ライフ

やっぱり「教養」です

f:id:freelance_writer:20190126152700j:image

唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である。

ソクラテス

いろいろな場面で露呈している “問題行動や問題発言” について思うのは “リベラルアーツ(教養)” の無さではないでしょうか。

そんなことを言ったり、やったりするのは、人としてどーなのか?

そんなことを言ったり、やったりしたら、相手はどう思うか? どう感じるか? 何が起きるか?

そんなことを自分が言われたり、やられたりしたら、どう思うか?どう感じるか? などなど。

教養の有無とそれに基づく想像力がモノをいいます。

教養とは、偏差値でも、学歴でもありません。

そして、肩書き=教養の高さ、政治家=教養の高さには、必ずしも一致しないということ。

コレは疑うことなのない、万人の共通理解でしょう。

やはり、詰め込みの知識は、知恵と密接に結びつく教養には及びません。

人格者には “教養” が満ちています。