充実ライフ ラボ

予測不能で不透明なVUCA時代のワーク&ライフ

作業と仕事

f:id:freelance_writer:20190126232225j:image

一日八時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。

働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。

トーマス・エジソン

現代の労働問題にも通じる奥深い言葉です。

時間で稼ぐことを目的とすれば “作業” に、自分なりの知恵と不屈の創造力で取り組めば “仕事” に、同じ事実でも、その人が何に意識をフォーカスするかで大きく変わってしまいます。

政府が推し進める「働き方改革」も、労働時間にばかり気を取られていると、イノベーションとは程遠い、作業大国日本になってしまうのではと危惧してしまいます。

かと言って、健康障害を生じるような長時間労働を肯定するわけではありません。

“働き方” よりも働く人の “意識” の改革が肝であり、そこが不十分のまま、強硬に規制だけを強化しては、“やらされている感” だけで働く人が増えるのではと、そんな心配をしてしまう今日この頃です。

まるでこれからの時代を予言した、エーリッヒ・フロムの言葉のように…

過去の危険は、人間が奴隷になることだった。

未来の危険は、人間がロボットになるかもしれないことだ。

エーリッヒ・フロム