充実ライフ ラボ

予測不能で不透明なVUCA時代のワーク&ライフ

たとえば、学生と社会人の違い

f:id:freelance_writer:20190415231216j:image

秀でたる知性を有するだけでは十分ではない。

大切なのは、それをうまく活用することである。

デカルト

たとえば、学生と社会人の違いで考えてみます。

学生時代は、どれだけ知識があるか、知性を磨いてきたか、その “インプットの量と質” で評価されます。

社会人になると、知識や知性を知恵に変換し、行動を通して、どのような価値を生み出すことができるか。

インプットよりも、“アウトプットの質と量” が求められます。

知識だけでいえば、いまやグーグル先生などのように、身近な情報源から簡単にインプットできてしまう時代です。

大切なのは、アウトプットするチカラ。

知ってる” だけでは、社内評論家で終わってしまいますし、そのような人材は、Aiやロボットにあっさりと置き換わってしまいます。

知っていても、それを活かす行動がない場合、知らないのと同じです。

知性 (教養) + 知恵 × 創造的アクションが、「人間優位な働き方」であり、今後ますます必要とされる人材です。