ネクストワークラボ

予測不能で不透明なVUCA時代にどう働くか? 働く側の立場で「働きがい」を考察しています。

改正労働基準法に関するQ&Aが公開されましたね

f:id:freelance_writer:20190317191859j:image

2019年4月から施行される「改正労働基準法に関するQ&A」が、厚生労働省のホームページに公開されました。

▽ こちらからダウンロードできますよ。

https://www.mhlw.go.jp/content/000487097.pdf

今回の法改正には、厳格な罰則が設けられていることもあり、かなり詳細に解説されています。

中でも重要なのは、時間外労働の上限規制と有給休暇の取得義務化でしょう。

実際の労務管理に手間がかかるのもこの2つ。

1ヶ月を超えるフレックスタイム制を導入する場合も同様に大変ですが、こちらは働き方を労使でオプショナル的に選べますが、前者の2つは、すべての事業主に義務化されます。

しっかり管理しないと大変なことになります。

労働時間の管理は「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインに従う必要があり、ある程度、従業員数の規模があれば、管理監督者による現認は困難であり、やはりシステムに頼らざるを得ません。

そうでないと、管理監督者、従業員、労務管理担当者のすべてに勤怠作業時間が増加してしまいます。

働き方改革で、労働時間を短縮し、生産性を上げるという大前提がひっくり返ってしまいます。

労働時間の管理のために残業し、上限規制に抵触なんていうのはおかしな話です (^^:

もはや、適切な労務管理に、勤怠システムは必需品です。

ガイドラインはこちらに

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン |厚生労働省

働き方改革に必要なのは、人間に優位性のある仕事にヒトを配置し、ヒトがやるよりもIT、IoT、Ai、ロボットにさせるべき仕事を仕訳し、業務変革を着実に、スピード感をもって進めることです。

ヒトと時間に制約があるわけですから。

中小企業にはIT導入補助金がありますので、もらえるものがあるうちに、しっかり対策しておくことが得策です。

▽ IT導入補助金のことはこちらに

トップページ | IT導入補助金

 

f:id:freelance_writer:20190317201611p:image