充実ライフ ラボ

予測不能で不透明なVUCA時代のワーク&ライフ

男子求む。至難の旅。僅かな報酬… ?

f:id:freelance_writer:20190124200019j:image

男子求む。至難の旅。僅かな報酬、極寒、暗黒の長い日々、絶えざる危険、生還の保証無し。成功の暁には、名誉と賞賛を得る。

これは、1910年代にロンドンの新聞に掲載されたアイルランド生まれの探検家アーネスト・シャクルトン氏が、南極探検隊員募集のために行なった広告です。

求人や採用、広報の仕事に関わる方であれば、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

今の時代ですと、超ブラックな仕事(均等法・最低賃金安全配慮義務違反)で、炎上間違いなしですが、この募集に対してなんと5,000人もの男性が応募したという有名な話です。

人間の欲求は、生きたい(整理的欲求)→ 安心・安定した生活がしたい(安全欲求)→ 社会に関わった生き方をしたい(社会的欲求)→ 周囲から認められたい、尊敬されたい(承認要求)→ ありたい自分の姿に到達したい(自己実現欲求)と、その階層の欲求が充たされると次の階層の欲求を充したくなるという「マズローの欲求の五段階説」が広く知られています。

freelance-writer.hateblo.jp

しかし、この広告は、マズローの説を超越し「人は、高次の欲求を充たすために、リスクを恐れない行動を選択することもある!」ということを教えてくれます。

また「嘘偽りなく、誠実に情報を提供することが、互いの利益になる」という採用広報の基本(本来のあるべき姿)を再認識させてくれます。

たとえネガティブなことであっても、それを隠さずに、明らかにすることで得られる安心と信頼は信用を生み、やりがいの演出効果をはるかに上回ります。

近ごろの採用広告はどこも似たり寄ったりで、社名を変えればどこでも通用するような、イメージ主体のものが多かったりします。

仕事の本質よりも、印象操作を目的にした表現のものがあちらこちらに。

「こんなはずじゃなかった…」といった、 “求人詐欺” という問題が起きても仕方がない状態です。

f:id:freelance_writer:20190124200705j:image

採用広報の基本に基づいて、求人広告のあるべき姿できちんと訴求することは、信頼関係の構築だけでなく、それが他社との差別化に繋がります。

採用ターゲット層への訴求力も高まりますので、むやみやたらに母集団を増やすことなく、共感し、本気度の高い人材を、効率よく集めることができますし、“ミスマッチ” の少ない効果的な採用を行うことができます。

採用広報のヒントにしてみてはいかがでしょうか?