自分らしく生きるヒント

「どう生きるか?」(ライフ)と「どう働くか?」(ワーク)を哲学し、自分らしくスマートにシンプルに生きるヒント

行動を伴わない想像力は…

f:id:freelance_writer:20181012213507j:image

行動を伴わない想像力は、
何の意味も持たない。

偉大な喜劇王チャールズ・チャップリンの名言です。

 

このチャップリンの名言を、自己啓発的には、ポジティブで革新的な言葉として訳されます。
チャップリンの生い立ちと彼の作品、時代背景から、もう一歩、突っ込んで解釈してみます。
自分一人ではなんともし難い、とてつもなく大きな問題に、アアだコウだと思う(批判する)だけでは、なにも変わらない。
たとえ大きな変化を起こす一歩を踏み出すことができなくても、今の自分ができる範囲の、どんなに小さな一歩でもいいので、なにかやってみる事が大切。
その、ちょっとずつの小さな積み重ねが、振り返ると大きな変化を起こすと信じて。
たとえ小さな一歩でも、多くの人が実行すると、時に社会を動かす大きな一歩になると。
また、行動としての一歩とは、進むだけでなく、勇気をもって逃げる一歩でもあり、時と場合によってはとても重要なこと。
新しいことに取り組むチャレンジもあれば、現状を変えるために逃げるチャレンジだってあるはずです。
このままではマズイ!と想像し、潔くササっと逃げることは、人間が生きるために必要な本能です。
理論や理性を超えて、イマジネーションからくる本能だけで動くことだって重要です。
想像し行動を起こす上では、自分の動物としての感(本能)も大事であり、そうした感性を磨くことも、生きていく上で大事なことだと思います。


ITが当たり前のいまの時代、人間としての勘(カン)が鈍っているように感じます。
生きる力を磨いておかないと、いざという時、何もできない自分になってしまいそうで…