自分らしく生きるヒント

「どう生きるか?」(ライフ)と「どう働くか?」(ワーク)を哲学し、自分らしくスマートにシンプルに生きるヒント

先の見えない不透明で不確実な時代にこそ「教養=リベラルアーツ」がモノをいう? (2/2)

f:id:freelance_writer:20181012215207j:image

もう、大学生や社会人なんだから、今さらリベラルアーツ(教養)なんて言われても…
ということはありません。

すべての能力の基礎を築くのがリベラルアーツということは、ビジネススキルの基礎でもあるわけですし、課題発見、問題解決、ロジカルシンキング(論理的思考)など、社員研修で大人気のテーマは、まさに哲学的思考そのものでもあります。

なぜ?なぜ?を繰り返す改善手法だけではイノベーションは生まれません。

むしろ、革新的な価値の創造には、これまで築いたものを否定してみる、すべてぶち壊してゼロから新たな発想で考えてみることや、そもそも、我が社って世の中に必要なのか?というところから探求することも必要になります。

f:id:freelance_writer:20181012215307j:image
リベラルアーツの根幹をなす「哲学」とは、「物事の本質を徹底的に思考で探求する」ことです。

したがって、グローバルでハイレベルなビジネス環境に晒されている現代のビジネスパーソンにとっては、リベラルアーツ(教養)は必須のビジネススキルとも言えるでしょう。

もちろん就職活動も同じです。

社会に出ると、先の見えない、答えのないことに突き進み、一定の成果を上げていかなくてはなりません。

それに対し、どのような思考と行動で貢献していけるのか。

自分の可能性を「確実性が高い!」と相手に受けとめさせるための論理の展開が必要です。

そもそも、自分は何者なのか?という意味付けも。(自己分析ですね)

また、面接の質問の多くには、絶対的な正解がありません。

どんな価値観を持つ人なのかを知りたくて質問するのですが、ここでそれまでに培った教養がモノを言うわけです。(とは言え、日本の新卒の採用面接では、悲しいかな教養を問うものとは程遠い、残念な質問が多いのが実際ですが… )

例えば、グループ・ディスカッションは、リベラルアーツが試される典型的な試験です。

答えのない課題が与えられればなおさらです。
もちろんリベラルアーツ(教養・哲学)が必要なのは、ビジネス・パーソンなどに限られたことではありません。

先行き不透明な今、まさに、政治家や官僚の皆さんにこそ、リベラルアーツが強く求められています。
国民の代表としてやるべき、政治って何なのか?
そもそも政治家って?
そして、行動や発言によって、リベラルアーツがあるかどうか、政治家に相応しい資質があるか否か、その違いが今後ますます明確になるでしょう。

 

余談ですが、良い悪いは別として、小泉元総理には、あの人なりの政治哲学を感じました。
見た目も、哲学者ぽかったし⁈
なんて(笑)

 

2回にわたり、長文にお付き合いいただきありがとうございました。

* おわり *