生きがい創造ラボ : Blog

「どう生きるか?」(ライフ)と「どう働くか?」(ワーク)を哲学し、自分らしくスマートにシンプルに生きるヒントを創造=生きがい創造ラボ

女性・高齢者・障害者の雇用機会のさらなる創出。

少子化高齢化による労働人口の減少により、安定して、安心して働ける職場づくりは、企業にとって必須のテーマです。

ポイントは、いうまでもなく「女性・高齢者・障害者の雇用機会のさらなる創出」です。

現行2.0%の障害者雇用が、平成30年4月1日から2.2%、3年を経過する日より前に2.3%になります。 障害の有無を問わず、誰もが、生き生きと、やりがいを持って働ける職場づくりが、より強く求められています。

これを経営トップや経営陣が、ポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるかで、その企業の人材方針が定まり、企業風土ができあがります。

できる社員ほど、こうした空気に敏感です。

厚生労働省 障害者雇用率制度 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaisha/04.html

f:id:and_33rpm:20171117171845j:image