生きがい創造ラボ : Blog

「どう生きるか?」(ライフ)と「どう働くか?」(ワーク)を哲学し、自分らしくスマートにシンプルに生きるヒントを創造=生きがい創造ラボ

働き方改革は、労使のWin-Winがポイントです。

労働組合の組織率は年々下がっていますが、労働組合のメリットが下がっているとは思いません。

国や企業が推し進める「働き方改革」で重要になるのは、働く人にとっての働きがいの創出。 社員のやる気が生産性、さらには企業の存続と成長に大きく影響します。

ただし、この制度を導入さえすれば成功する、というような、特効薬のようなものはありません。

企業によって企業文化、組織文化が違います。 自社の社員が求める働きがいは何で、それが実現できていない現状の課題は何で、それをどのように改善していくのか。 労使で、お互いの Win-Win について、しっかりと議論できるの環境が、まずは必要です。 そのための強力な一助になるのが、労働組合法でその活動が守られている労働組合であると思います。

独立行政法人労働政策研究・研修機構 労働組合組織率、組合員数 http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0701.html

f:id:and_33rpm:20171117172246j:image