ネクストワークラボ

予測不能で不透明なVUCA時代にどう働くか? 働く側の立場で「働きがい」を考察しています。

多様化する社会を生き抜く企業の条件

f:id:freelance_writer:20190408203352j:image

様化する社会を生き抜く企業の条件に、ダイバーシティ経営、ダイバーシティ・マネジメントがあげられています。多様化する人の特性や個性をうまく組み合わせ、組織として活用することができるかどうかです。

例えば、パズルのピースのように、パッと見は同じでも、それぞれに個性や特徴があり、それを上手く組み合わせることで、しっかり強固な繋がりがあるものにする。

ダイバーシティ・マネジメントにより、違う者同士が、互いに手を取り、協力し合うことで、組織力・チーム力を向上する。

もともと人間は、まったく同じ、なんてありえません。

働くこと(ワーク)」の目的や価値観も人によって異なるように、「生き方(ライフ)」も異なります。個人がそれぞれの目的と価値観でライフを軸にワークを考える時代です。

人と自分は違う。

みんな違って当然。

自分の価値感が社会の標準ではないという認識。

ごく当たり前のことですが、ダイバーシティ経営で大事なのは、この当たり前の発想と認識が持てるかどうかです。

f:id:and_33rpm:20171117183500p:image