ネクストワークラボ

「どう生きるか?」(ライフ)と「どう働くか?」(ワーク)を哲学し、自分らしくスマートにシンプルに生きるヒントを創造

キャリア・能力開発

4つの「しこう力(視考力・思考力・私考力・私行力)」

会社主導で行う「働き方改革」は、労働時間を減らしながらも仕事のアウトプット(成果)は維持、もしくは高めることにフォーカスされています。 ポイントは、そもそも働く人の意識が、そこに同調できているかどうか。 働き方改革は、働く人の意識改革とセッ…

企業にとっても、働く個人にとっても、これまでとは違ったアプローチで「キャリアのあり方」を考えることが必要な時代。

なんとなく、今までのやり方や考え方ではうまくいかない、これまでの経験値や価値観が通用しない、どうすることもできない…。 そんなことを感じる場面が増えてきていませんか? これから先、働く環境を考えても、何かすごく不透明で、不安定さを想像させる出…

管理職のマネジメント能力と組織の生産性が問われる時代。

厚生労働省のホームページにも記載がありますとおり、国が進める働き方改革の柱は、長時間労働の削減です。 ○長時間労働削減に向けた取組「我が国においては依然として長時間労働が問題となっており、長時間労働の削減は喫緊の課題です。これに取り組むため…

マズローの欲求の5段階説で考える、どう生きるか、どう働くか。

欲求の5段階という説、人間の欲求の仕組みが簡潔に分かりやすくまとめてあり、 ブログのテーマである「どう生きるか」(ライフ)に軸足を置き、そのためには「どう働くか」(ワーク)についてを考えていく上での基盤となりますので、簡単に紹介しておきたいと思…

「仕事ができる・できない」と電話の話

ネット、メール、ツイッター、フェイスブック、ライン、インスタ… IT技術の進展によりビジネスにおけるコミュニケーションのあり方も変化しています。 しかし、意外とその必要性が変わらないのが「ビジネスフォン(会社の固定電話)」です。 使用頻度こそ減…

「ハードスキル」と「ソフトスキル」について

ハードスキルとソフトスキル ビシネスで必要とされる能力は多種多様です。 また、激変するビジネス環境に応じて求められる能力の優先度が変わったり、役割や立場の変化によってもそのバランスが異なったりします。 前回は、特にマネージャーに求められる能力…

「カッツ理論」について

ビジネススキルに興味関心のある方なら聞いたことがあるかも知れませんね。 「カッツ理論」 今回は、少しでも皆さんのスキルアップにお役立ていただければと思い、この「カッツ理論」についお話しします。 ハーバード大学の教授だったロバート・L・カッツ教…